デザインの適正価格って?

タニデザインは適正価格で制作しています

 デザインの適正価格って?


ホームページ、チラシ、ロゴマーク、看板、ショップカード、会社案内、パンフレットなどなど。

世の中にデザインが必要なものは数多くありますが、デザインの適正価格とは一体いくらなのでしょうか。

ここでは有名デザイナーさんがつくった大企業の○千万ロゴマーク!!など超高額なデザインは別次元の話として、今回は日常的に使用するデザイン価格について考えてみたいと思います。

 格安デザインとタニデザインの違い


「デザインなんてササッと作れるから安いでしょ」とよく言われるのですが、

タニデザインでは「お客様との面談からはじまり、お客様の持つイメージを引き出し、そのイメージを共有した上で、アピールするポイントをお客様と一緒に考え、ラフデザインを練り、事務所内で会議を重ね、 お客様にデザイン案を提出し、修正・変更・微調整を繰り返して」完成に向かっていきます。

そんなタニデザインでは制作日数、修正回数、かかわる人数、複雑度などをトータルで考えて制作料金を出しています。

このため「格安ではありませんが、適正価格です」と自信を持って言える、労力と時間を投入して制作させていただいてます。

ウェブ上には格安でデザインを請け負うところも多くあります。 もちろん安い価格には理由があって「テンプレート式」「変更・修正がきかない」「同じデザインを色と文字だけ変えて使う」といった方式を採用しているところが多いようです。 共通することは、そのほとんどがお客様との意思疎通度の低いままに制作されるものです。

 適正価格でデザイン制作をする理由


もちろん「多少のことは我慢して、プロっぽいデザインが欲しい」という需要は確実にありますし、そのことを否定するつもりはまったくありません。

わたしの知り合いでもアパレルの店舗をオープンしたとき、格安ロゴデザインを利用したことがあったようです。 しかし、そのデザインは格安のため、電話・面談も無いので詳しくイメージを伝えることができなかったり、大幅な修正が出来なかったりと、満足できないまま使用していたこともあって、結局最後は使わなくなったとのことでした。

その後は新たにしっかりと意思疎通ができ、修正等にも応えてくれるところに発注しなおしたので、結局はロゴデザインを2回発注したことになり、本人は後悔したと言ってました。

また別の格安デザインを利用された方のお話では、制作用の社内資料を渡したものの、そのまま連絡が取れなくなったケースもあり、格安デザイン利用の難しさを嘆いておられました。

上記のような例をあげましたが、ホームページ・会社案内・ショップカード等どのデザイン制作でも同じことが言えると思います。

やはり、長い目でみた場合、信頼できるデザイン事務所に自分の意志・イメージを反映したデザインを制作してもらったほうが「お得」だとわたしたちは考えます。

このように考えていることをご理解いただき、「適正価格で自分のイメージを反映したデザインを作成して欲しい」という方にこそタニデザインをご利用いただければ幸いです。

なお、現在の当デザイン事務所のスタッフ人数・仕事内容を考えるとギリギリの料金体系でやっておりますので、これから値下げをすることはありませんが、値上げすることはあるかと思います。 何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

初稿デザイン無料,デザインを気に入ったときだけご購入。ご依頼フォームはこちら。